亜鉛サプリの副作用を起こさないための工夫

亜鉛サプリの副作用を起こさないための工夫

亜鉛のサプリメントの副作用を起こさないためにできる工夫は何かあるのでしょうか。
まずは、サプリメントについて学ぶことが重要ですよね。過剰摂取について、もうちょっと販売元が消費者に伝える努力をして欲しいと常々思います。
病院には、サプリメントの過剰摂取での副作用で外来を訪れる人もいます。このような患者数の減少にもなりますし、そうなれば医療費そのものを使わなくても済みますね。
副作用のせいで、サプリメントそのものを止めてしまうという人もいます。
本来ならば、健康になるために使用しているものが不健康になるものだったとしたら、とても残念です。

 

最近では、年配の人がサプリメントを摂取する機会が増えています。
病院にかからないようにするためだったり、いつまでも若々しくいるために使っているということが多いようです。
しかし、このサプリメント情報を得るのが趣味仲間や近所の人という場合が多く、適切な説明を受けずに「○○さんが使っているならはじめようかしら」というようなものが多いので、
意外と勉強不足である場合が多いのです。

 

そして、認知症の症状が出ている人などは、本人が意識しないところで過剰摂取してしまうということもあります。
飲む時間をあらかじめ決めておく、その時間にアラームを鳴らすなどの方法を実践するといいでしょう。